ブログ – 中川工務店/奈良県の自然素材家屋設計事務所
  • 0120-122-569
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセスマップ

自然素材の注文住宅 株式会社中川工務店
オフィシャルブログ

長年自然素材の注文住宅にこだわってきた中川工務店だからこそ、自然素材がいかにいいものだということを知ってもらいたい。
建設中の様子、完成してからでは見ることの出来ない構造も余すこと無く公開予定!
一言では語れない自然素材の良さをお届けいたします!

2019年6月21日

シックハウス症候群

シックハウス症候群とは

近年、住宅の高気密化などが進むに従って、建材等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等と、それによる健康影響が指摘され、「シックハウス症候群」と呼ばれています。
外出している時はなんでもないのに、家の中に居たり、ビルの中に入った時に、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など人によってさまざまです。
他の病気と区別できない症状が多いのですが、見分けるポイントは、「家の中にいる場合に限って症状が出る」と言うことです。

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群の原因が「家」であることは知られていますが、具体的に家の何が原因となるのでしょうか。

・内装材、建具など、家を建てる材料に使われる化学物質(接着剤や塗料、溶剤など)
・いす、テーブル、壁紙、カーテンといった家具や内装品の化学物質
・カビ・ダニなどによる室内空気汚染
・石油ストーブやガスストーブによる一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物など
・たばこの煙に含まれる有害物質
・気密性が高い室内において、空気中の二酸化炭素濃度の上昇
・衣類の防虫剤、殺虫剤

これらの化学物質が原因でシックハウス症候群が起こるとされています。

近年の建築技術や科学技術の発展により、高気密化・高断熱化などが進み、すきま風が減り室内の温度が一定に保たれやすくなりました。
その一方で、換気性が悪化し、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっているほか、湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。
人に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、まったく影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいます。