• 0120-122-569
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセスマップ

自然素材の注文住宅 株式会社中川工務店
オフィシャルブログ

長年自然素材の注文住宅にこだわってきた中川工務店だからこそ、自然素材がいかにいいものだということを知ってもらいたい。
建設中の様子、完成してからでは見ることの出来ない構造も余すこと無く公開!
一言では語れない自然素材の良さをお届けいたします!

2018年5月8日

自然素材の注文住宅で後悔しないために知っておきたい事とは・・・

「これからお家を建てようかな」という方たちの中には、自然素材の注文住宅に興味があるけど、何か不安を感じているという方がたくさんおられると思います。

実際に我が家を建てることを考えると、「本当に自然素材の家を選んで後悔しないのか・・・」「化学物質を使っていてもデザイン性を重視し、楽しく感じる住宅でいいのか・・・」いろいろ考えると迷いますよね。

自然素材の家は、そのほとんどに自然界の素材を使っているので、「赤ちゃんが口に入れても安心」なのは言うまでもないのですが、本当に住まれている方しかその素晴らしい住環境は分からないかも知れません。

今回は自然素材の家を購入して後悔しないための4つのポイントを合計4回の記事に分けてご紹介します。

知っておきたい事① メリットとデメリット

まず、お家を建てる時に知ってほしいこと。
それは、家のタイプが自然素材なのか、そうではないのかによって、それぞれメリットとデメリットがあるからです。

デザイン性が良くて、高気密高断熱の家が普通になり始めた現代の住宅は、データ的にも実際にも、「夏は涼しく、冬は暖かい」「気密性が高いので湿気を減らして省エネ性も向上」といったメリットがあります。しかし換気が欠かせません。隙間風を防ぐため、徹底的に隙間を無くした結果、換気不足で換気扇を付けるといった矛盾が生じてしまいます。換気をしないと、ビニールに包まれた家の様な息苦しさを感じる方もいらっしゃいます。

自然素材の家は、施工には熟練の職人の技術が必要で、しっかりとした施工を行わないと、ひび割れ、歪み、傷が発生してしまいますので、どんな会社でも施工できるわけでもありません。そして工期もやや長めになってしまうのもデメリットです。
しかし、自然素材の家は、床や壁、天井などに化学物質(有害物質)を含まない無添加の自然素材を使用するため、アトピーやアレルギー疾患がある方や、赤ちゃん、お年寄りも「安心して暮らす」ことができ、家自体が呼吸するため、換気も必要ありません。

当社の自然素材の家は、”子どもにはのびのび育ってほしい” “自由に家のなかを走り回ってほしい”という思いから、無垢の木を床や階段などの、足や手が触れるところなどに使っています。
あたたかくて懐かしさを感じられ、素足で歩いてもらいたい。
本物の木だから、傷がついても、年数が経っても、味になって楽しめる。それは自然素材だから出来るのです。

最近、メッキリ自然素材っぽく見せて、楽しそうに表現している流行のお家が増えましたが、自然素材とは流行ではありません。そもそもお家の原点なのです、と言っても一言では終われない・・・。

ブログのトップへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。