• 0120-122-569
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセスマップ

耐震等級3相当の家

地震大国と呼ばれる日本で、いざという時に住まいが備えるべきこととは何でしょうか。
大災害から大切な人命と資産を守るために住まいができることは、何よりもまず建物の耐震性能を高めることです。
地震に強い家づくりを実現するため、建築基準法の基準を超える耐震基準に基づいて、家を築き上げています。

安心の理由は…「耐震等級3」相当の実現

「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。「耐震等級3」は等級1に対して1.5倍もの耐震性を持つものです。

耐震等級3は建築基準法の1.5倍の耐震性

「耐震等級3」相当の強さの理由

「耐震等級3」相当の強さの理由

建築基準法では、1階の広さにより必要な壁の量を算出※するため、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。しかしスーパーストロング構造体の家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家になります。 (※見付面積で算出する場合もあります。)

床が強い

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※ですが、スーパーストロング構造体で建てる中川工務店の家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家になります。 (※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。)

基礎が強い

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。スーパーストロング構造体の基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家になります。

中川工務店は調査、検査をしっかり行い、地震に強い家をつくります

地盤調査…地盤がしっかりとしていないとせっかくの耐震構造も台無し!
より耐震性能を高めるため、第三者機関による地盤調査を行います。
耐震構造…消防署や警察など防災拠点となる建物の基準と同じ「耐震等級3」相当。
高い耐震性を誇るスーパーストロング構造体を使用します。
構造設計検査…「耐震等級3」相当であるかの設計検査を実施。
地盤調査と同じくお客様との間に中立的な立場として機能する第三者機関により、住宅品質の検査を厳しく行います。
建築現場の検査…工事期間中に住宅瑕疵担保責任保険法人が「基礎配筋検査」「構造体検査」、計2回の現場検査を行います。

建替え費用の 一部を最高2000万円まで負担する「耐震補償」付き自然素材の家

当社が採用している高性能住宅工法のスーパーストロング構造体は、耐震性能最高等級3相当の強度を持ち、万が一、地震により全壊した場合は建替え費用の一部を最高2000万円まで負担する「耐震補償」が付きます。
中川工務店は安心を第一にした家づくりをしています。

スーパーストロング構造体
ページトップへ戻る