• 0120-122-569
  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセスマップ

自然素材へのこだわり

中川工務店では、自然素材にこだわって家づくりを行っております。
漆喰、ヒノキ、杉を使用した優しく耐震性にも優れている注文住宅のお家を実現しております。

中川工務店が建てる自然素材の家

本物にしかない肌ざわりと質感の高さが自然素材

最近よくシックハウスという問題が、取り上げられていますが、まさにその問題が、凝縮されているのが床材だと思います。
合板にしろ集成材にしろ大量の接着剤を使用してつくられています。
昔に比べて有害物質の含有も法的に規制が厳しくなり改善されているとはいえ、まだまだ人に優しいとは言えないのが現実だと思います。
生活していくうえで一番肌に直に接する床材は本当にいいものを選んで頂きたいと思っています。
もちろんご予算がある事とは思いますが、無垢材も良質なものがお安く提供を致します。
食べこぼしや染みもすぐにふき取ればあまり問題ないと思うのですが…。
無垢材用の自然素材でできたオイルや蜜蝋などの保護材もあります。
ウレタン塗装された合板とは比べものにならない気持ち良さ…、木のぬくもりが直に肌に触れる心地よさを是非味わって頂きたいのです。

日本の国には、調湿作用のある木造の家が最適。

倉庫や車庫ならいざしらず、人間が生活をする家を建てる・住まいを建てるとしたら、やっぱり木造の住まい・住宅しか考えられません!
そのメリットは本当にたくさんあります。
もし最大の利点を一つだけ述べよと言われたら、私は「木の家には『温もり』があるから」と答えます。

調湿作用のある木造の家が最適

年齢を問わず、人は自分の肌に合わないものに接すると拒絶反応をおこし、そのままの状態を強要されると、ひどいストレスを感じます。温もりがなく、硬く、冷たく痛い感じの鉄や、コンクリートの家では、赤ちゃんやお年寄りがかわいそうです。 なによりも、自分が嫌だと思う家・住まいを人に奨めたくはありません。

家を建てるなら「絶対に木造がいい!」

日本のような高温多湿の四季の気象条件の地には、調湿作用のある木造の家が最適です。住宅に使用する柱1本で、ビール瓶2本分ぐらいの水を吸ったり吐いたりできるのです。4~50坪ぐらいの住まい、住宅では、年間ドラム缶2本分以上の水分を吸放出できるというのですから、木の家はたいしたものです。
…やっぱり、家を建てるなら「絶対に木造がいい!」とお奨めします。

ページトップへ戻る