長期優良住宅とは

長期優良住宅税制とは?

環境への負荷低減を目的に、住宅を長期使用し住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑えようと、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年6月に施行されました。
構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性などで国土交通省が定めた基準を満たし、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅=長期優良住宅」であると認可されれば大幅な税制優遇が受けられるようになりました!

長期優良住宅の認定基準

長期優良住宅の認定基準には、以下のような様々な条件があります。
また認定申請を着工前にする必要がありますが、中川工務店にお任せください。
劣化対策

数世代にわたって使用できる耐久性のある構造躯体を持つ。
⇒相当する等級:劣化対策等級3相当
加えて床下空間330mm以上であること

耐震性

大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置。
〔地震に対する耐力による場合〕
建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと。
⇒相当する等級:耐震対策等級2相当

維持管理
更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、
維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
⇒相当する等級:維持管理対策等級3相当

可変性

居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

省エネルギー性

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
⇒相当する等級:省エネルギー基準等級4相当

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
・75㎡以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)

維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

長期優良住宅に対するメリット1、ローン減税の拡大!

一般住宅に比べ最大控除額がアップします。

一般住宅の場合

長期優良住宅とは

長期優良住宅の場合 (※ローン借入額などにより、減税額は異なります。)

長期優良住宅とは

投資型減税

住宅ローンを組まない場合でも、所得税額の控除が適用されます。
長期優良住宅の建築にかかる標準的な性能強化費用相当額の10%が所得額から控除できます。

長期優良住宅に対するメリット2、固定資産税などの軽減!

固定資産税、登録免許税、不動産取得税が軽減されます。